公益社団法人岡山県聴覚障害者福祉協会

毎年3月の第一日曜日に「耳の日の集い」を開催しています。
耳の無料相談や、補聴器の展示などを行っています。

耳の日って何?
毎年3月3日を「耳の日」と言います。
1956年に日本耳鼻咽喉科学会が制定しました。
理由は、「3」が耳の形に似ていることや、「3・3=み・み」の語呂合わせから。
また、ヘレン・ケラーにサリバン先生が指導を始めた日も3月3日、
電話を発明したグラハム・ベルの誕生日も3月3日です。

3月3日の「耳の日」。みんなに耳のことや聞こえることについて、そして聴覚障害者について、関心を持ってほしいと思います。
「耳の日の集い」って何?
岡山県医師会耳鼻咽喉科部会、岡山県難聴者協会、岡山県聴覚障害者福祉協会の3団体が主催となって、毎年3月の第1日曜日に(前後の日曜日に変更の場合もあります)、「耳の日の集い」を開催しています。

内容は、
 *耳鼻咽喉科医師による、耳や聞こえに関する無料相談会
 *補聴器専門店の補聴器展示
 *福祉機器展示
 *記念講演会やアトラクションなど

参加無料で、どなたでもご自由にご参加頂けます。
毎年1月頃には詳細が決まりますのでお問い合わせください。


  公益社団法人岡山県聴覚障害者福祉協会
  〒700-0807 岡山市南方2-13-1
  岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館【きらめきプラザ】4F
  電話 086−224−2275  FAX 086−224−2270
  E-mail@ ・ E-mailA

Copyright(c)2004 公益社団法人岡山県聴覚障害者福祉協会. All Rights Reserved.